相続税計算.com

相続は突然起こる

正しい相続税の知識を身につけよう!

人から財産を相続した場合に課せられる税金は、相続税といいます。相続税を設ける事で、故人が社会のおかげで築けた財産の一部を社会に返還し、相続人に権力が集中しないようにするという目的があります。

相続税は、財産を相続した相続人に負担されるものなので、血のつながりのない法廷相続人が遺贈によって財産を相続した場合も、相続税を負担する義務があります。

また、遺言によって財産を譲り受けることを遺贈とよび、この場合も相続税がかけられます。但し、相続税は相続したら100%支払う物ではありません。相続税には基礎控除という物があり、遺産が一定金額以下の場合は、相続税は支払わなくてもいい事になっています。

多くの家庭では、この基礎控除によって相続税を支払う必要がないとされます。しかし、自分が相続人になった時に、自分も支払わないと決めつける事はできません。また、控除は自動的に行われるのではなく、申請などを行わないと適用されません。ただし、遺産が実際に基礎控除以下の金額の場合は、相続税は発生しないので税務署に申告は行う必要がありません。相続は、遺言者の死亡と同時に発生するので、知らせにきづかないと、いつのまにか相続税が発生している事もあります。

相続が発生したら、相続税がいくらかかるのか把握する為にも、全ての財産を把握することが重用です。相続税の対象となる財産は、相続財産、贈与財産、みなし相続財産の3種類があり、全ての財産を把握する必要があります。

この為、相続税が発生しそうな場合は、税金の専門家である税理士に依頼を行って、相続に関する仲介人になって貰うといいでしょう。遺産は、思わぬ大金が入ってくる場合もあり、これがきっかけで親族の中が不仲になってします事もあります。いざという時に、あわてない為に相続税についてきちんと学びましょう。

スポンサードリンク

相続税の基礎知識

相続税の申告

相続税の疑問

相続の流れ

課税対象になる遺産

非課税対象になる遺産

Copyright (C) 相続税計算.com All Rights Reserved