相続税計算.com

相続税の疑問

生命保険

遺言者が生命保険に加入していると、死亡することで保険会社から保険金が支払われます。この死亡保険金は、加入していた生命保険の保険料負担者や、保険金の受取人が誰で契約されているかによって、かかる税金の種類が異なります。

生命保険により発生する相続税を抑える方法は、死亡保険金を現金で貰うことで、相続税納税資金を確保し遺産分割に必要な資金を用意する事が出来ます。

生命保険の利点は現金が入ることで、死亡保険金自体が相続税の課税対象となって相続税が増えますが、相続税の納税資金として使用したり、遺産分割の資金として使用する事が出来ます。そして、生命保険は、相続税の評価を減らす事ができます。

生命保険は、本人が高齢者であったり、持病を持っていると生命保険に加入できない事があります。この場合、子供に親が契約者となって生命保険をかけると、親が亡くなった場合に、保険の対象は子供なので、死亡保険金が出る事はありません。

すると、相続財産は保険金としてではなく、生命保険を解約した場合に、解約戻り金として支払われています。解約戻り金の場合、親の死亡保険金として支払われるのと同じ金額でも、相続税が安くなります。不動産では、価格変動があるので一定金額ではありませんが、生命保険なら保険会社が倒産しなければ、このようにして相続税を下げることが可能です。

相続税は人が亡くなった時の法律なので、それ以前に保険対策をしていても、法律が変更されている場合には意味がなくなる事は、理解しておきましょう。

スポンサードリンク

子宮内膜症 改善

相続税の基礎知識

相続税の申告

相続税の疑問

相続の流れ

課税対象になる遺産

非課税対象になる遺産

Copyright (C) 相続税計算.com All Rights Reserved