相続税計算.com

相続税の疑問

借金

遺産には、全ての財産が含まれる為、正の財産だけでなく、負の財産も含まれます。負の財産は、借金や債務といったマイナスの財産の事です。

相続人は、故人の財産を全て承継するので、プラスの財産を継承する場合は、マイナスの財産も引き継ぐ必要があります。プラスの資産は、遺産分割協議等の話し合いで法定相続分と異なる割合で分割する事が出来ますが、借金は必ず法定相続分で引き継ぐことが決まっています。借金に関しては、法で定めれた分を、平等に引き継ぐ必要があるのです。

プラスの財産がマイナスの借金を上回っていれば、プラスの財産で債務整理が行えますが、借金が多い場合は、相続人は大変不利な状況になってしまいます。

この為、相続財産を引き継ぐかどうかは、相続人が自由に選択することができ、相続しない事を相続の放棄といいます。この場合、プラスの財産のみ引き継いで借金を拒否する事はできず、全ての財産を放棄することになります。

相続を承認するには2種類の方法があり、すべての財産を無条件で相続することを単純承認といい、財産の範囲内で借金を負担する限定承認に分けられます。限定承認は相続人全員が裁判所に届ける必要があり、一人でも異論がある場合は認められません。

限定承認を行う場合は、相続が行われてから3ヵ月以内に手続を行わなくてはなりません。放棄も限定承認もしない場合は、単純承認をしたとみなされ借金も相続する事になります。

スポンサードリンク

相続税の基礎知識

相続税の申告

相続税の疑問

相続の流れ

課税対象になる遺産

非課税対象になる遺産

Copyright (C) 相続税計算.com All Rights Reserved