相続税計算.com

非課税対象になる遺産

相続税の債務控除

相続税の対象は、価格の算出が難しい物の場合は時価を計算して算出されます。相続人は、相続税を払うことで、相続金額がプラスになるとは限らず、マイナスになってしまう事があります。

この為、少しでも相続税の負担を減らす為に、控除によって費用を抑えることができます。控除の対象には、故人の住宅ローンや自動車ローンといった、金銭消費貸借上の債務などが含まれます。また、故人の生前の所得税や、地方住民税、固定資産税などの公租公課も、相続税の控除の対象になります。

相続財産はプラスになる財産もあれば、マイナスになる財産もあります。プラスの財産から、借金などの債務を差し引いた財産に相続税がかかることになります。この為、マイナスの相続財産を把握することは相続税を安くすることに繋がります。

マイナスの相続財産には、葬式費用と、借金があります。差し引くことができる債務は、銀行や会社からいている借金や未払い利息等で、商売のもとでや、マイホーム購入のため銀行などから借金をしている場合があります。

このような借金を完済せずに亡くなった場合、相続人がその債務を引き継ぐ必要があります。また、医療費の未払い分も債務として控除の対象とすることが出来ます。

しかし、故人が生前に購入したお墓の未払代金は、遺産総額から差し引くことはできず控除の対象にはなりません。

スポンサードリンク

相続税の基礎知識

相続税の申告

相続税の疑問

相続の流れ

課税対象になる遺産

非課税対象になる遺産

Copyright (C) 相続税計算.com All Rights Reserved