相続税計算.com

課税対象になる遺産

不動産

相続されるものとして、不動産は多くありますが、不動産は土地の値段や、売買取引時価や公示価格また路線価、固定資産税評価額といった価格が多岐にある為、遺産として評価の非常に難しい物です。

遺産相続で土地を分与された場合、相続税の基礎となる価格は、路線価方式と倍率方法式のどちらかで評価され、実勢売買の金額は考慮されません。遺産相続で借地権を分与された場合、相続で取得した借地権の価格は、通常の評価額に借地権利割合をかけたものになります。

日本では、相続にあたり土地と家屋を分けて評価します。家屋を相続した場合、家屋の相続税の評価額は固定資産評価額と同じになります。 不動産取得税は、売買や贈与、また建築など取得した人を対象に支払わなくてはならない税金ですが、遺産相続による取得には相続税がかかって不動産取得税はかからない事になります。

不動産の相続は、現金の用にに人数分で悪る事も難しく、分与の方法として、不動産を売却して現金化してから分割したり、相続人のうち1人が単独で相続し、他の相続人に対し、現金などで支払いを行ったり、不動産を共有登記して、保留にしておくことも出来ます。

ただ、近くに売却や賃貸して賃料を分割する計画がない場合は、固定資産税の経費だけ払うことになり、結果多くの税金を払うことになるので、早めに不動産は処分しておいた方がいいでしょう。

また、土地によっては相続税を支払ってまで、分与される価値のないものおあります。このような場合も、無駄に税金ばかり掛かるので相続放棄を決断する場合には、早めに手続を行いましょう。

スポンサードリンク

相続税の基礎知識

相続税の申告

相続税の疑問

相続の流れ

課税対象になる遺産

非課税対象になる遺産

Copyright (C) 相続税計算.com All Rights Reserved