相続税計算.com

課税対象になる遺産

貯金現金

現金の相続税の評価は、相続開始日の残高になります。また、相続人が遺言者の亡くなる3年以内に贈与されたものについては、相続税の課税対象になります。

普通預金の場合、原則として、相続開始日現在の預金残高が相続税評価額になり、残高証明を取得して残高を税務署に申告する必要があります。

普通預金は、定期預金とは異なり多額ではない場合は、経過利息は相続財産として申告する必要はありません。ただ、名義が遺言者ではなくても、実質的に遺言者のものである場合には課税対象になります。

外貨の相続税を計算する場合は、円貨に換算しなくてはなりません。この場合、課税時期における対顧客直物電信買相場によって価格が評価されます。

相続税がかかるからと、貯金や現金をあらかじめ家族に贈与すると、死亡する3年以内であれば多額の贈与税を支払う必要があります。しかし、相続税の場合、家族には基礎控除等の控除が認められている為、贈与税のような高額の金額を支払う必要がなくなります。

一般的な家庭の場合、財産はそんなに残らないでと思われるので、控除して貰った相続税が高額になる事はほとんどありません。貯金を相続ずる場合、銀行に貯金者が死亡した事を伝えた時点で、口座は凍結してしまいます。

凍結した口座は、相続人全員の印鑑証明が必要になります。これらの手続がわずらわしい場合、専門家に頼んでしまった方が楽なあ場合もあります。凍結された口座から払戻しまでの期間は、2週間程度が平均です。

スポンサードリンク

相続税の基礎知識

相続税の申告

相続税の疑問

相続の流れ

課税対象になる遺産

非課税対象になる遺産

Copyright (C) 相続税計算.com All Rights Reserved