相続税計算.com

課税対象になる遺産

生命保険

遺言者の死亡によって支払われる生命保険金や損害保険金は、その保険料を遺言者が負担していた場合は、生命保険も相続税の課税対象となります。 死亡保険金の受取人が相続人の場合、すべての相続人が受け取った保険金の合計額が控除額を超える場合、超えた部分が相続税の課税対象となります。

非課税枠の計算は、500万円×法定相続人の数で、この金額以上の保険金が入る場合は、相続額を支払わなくてはなりませんただし、相続人以外の人が取得した死亡保険金は、非課税枠の適用がありません。

生命保険契約に関する権利の評価は、生命保険契約に関する権利の価額は、相続開始時の契約を解約した場合に支払われる解約返戻金によって評価されます。また、解約返戻金と一緒に剰余金や前払保険料も支払われる場合は、生命保険契約の権利価額は、解約返戻金と剰余金などの合計額で評価されます。

生命保険は、相続税対策において有効に使え、受取人を配偶者ではなく、子供いしておくと、他の相続に掛かる相続税にあてることができます。

また、生命保険金には、法定相続人1人あたり500万円の非課税枠があるので、預金で1,500万円を相続すると評価額は1,500万円になりますが、生命保険金で1,500万円受け取ると評価額は0円となり、相続税を支払わなくて済みます。

このように、相続税法にのっとって、有効に減税しましょう。また、生命保険には、若くて健康な内に加入し、保険料を抑えて終身保険に入るようにしておくのがいいでしょう。

スポンサードリンク

相続税の基礎知識

相続税の申告

相続税の疑問

相続の流れ

課税対象になる遺産

非課税対象になる遺産

Copyright (C) 相続税計算.com All Rights Reserved