相続税計算.com

課税対象になる遺産

生前贈与

生前贈与は、相続によって財産を貰った人が、遺言者が死亡する3年以内に贈与を受けた場合に、贈与を受けた財産の価額を、相続税として課税される事を言います。

この生前分与は、加算された贈与財産の価額は、加算された人の相続税として控除されます。3年以内の贈与があった場合には、贈与税がかかっているかどうかに関わらず、相続に加算する必要があります。

これは、基礎控除額である110万円以下の贈与であっても、贈与税に加算されます。ただ、贈与税の2,000万円まで非課税である配偶者控除を受けている場合には、その配偶者控除額に相当する金額、新たに課税する必要はありません。

相続時精算課税制度によって、贈与を受けている場合は相続税額は贈与者が亡くなった際に、それまでに贈与を受けた分の適用を受ける贈与財産の価額と相続によって受け取った財産の価額を合計した金額から計算した相続税額から、納めている相続時精算課税の贈与税相当額を控除して算出されます。

その場合、相続税額から控除できない相続時精算課税の贈与税相当額は、相続税の申告を行うことで還付される事が出来ます。また、貰った財産が贈与と認められない場合があります。

3年以上前に贈与をされて、相続財産として計算していなかったものが、生前贈与として相続人が貰ったのではなく、未だに遺言者の財産とされてしまう場合があります。これは、単に通帳間で預金の移動がある場合などで、この場合は贈与と認められないので注意が必要です。

スポンサードリンク

相続税の基礎知識

相続税の申告

相続税の疑問

相続の流れ

課税対象になる遺産

非課税対象になる遺産

Copyright (C) 相続税計算.com All Rights Reserved