相続税計算.com

課税対象になる遺産

その他

現金や不動産の他にゴルフ会員権も、相続税がかかります。ゴルフの会員権の相続税は、課税される時期の取引価格における70%相当の金額になります。

この場合、取引価格には含まれない預託金があると、課税時期にすぐに返還を受できる預託金といった、ゴルフクラブの規約に基づいて返還される金額と、課税時期より一定の期間以降に返還される預託金が考慮される事になります。

また、自動車も相続税の対象となる財産とみなされます。自動車の相続税は、中古車買取り業者の査定価格や、実際の売却価格などを参考に課税されます。現在は、携帯電話の普及で固定電話のある家も減少していますが、電話加入権も相続にあたり相続税がかかります。

電話の加入権は地域や時期によって異なりますが、平均的に1本当たり2,000円で評価されています。貴金属や書画、また骨董品等の相続税は、買取り業者の査定価格が参考にされて決まります。ただ鑑定費用は控除されず自腹になります。

この時、高い鑑定費用払っても、鑑定価格は高くない事が多く、購入価格が数百万円もするものではなければ、骨董品や美術品としではなく、家財として家具の一部として扱ってします方はいい事もあいます。

ただし、価値のある美術品は、家財として扱う事ができません。美術展に所有する美術品を貸していたり、ば、百貨店や画廊などで高価な絵が売れた場合、このような情報は税務署も把握しているので、美術品として相続税の払われない時は違法行為として処分される事になります。

スポンサードリンク

相続税の基礎知識

相続税の申告

相続税の疑問

相続の流れ

課税対象になる遺産

非課税対象になる遺産

Copyright (C) 相続税計算.com All Rights Reserved