相続税計算.com

相続税の基礎知識

遺産相続税

相続税は、家族が死亡した際に財産分与が行われ、承継した財産に対して生じる税金です。遺産相続を行うと、一定の金額以上の財産の相続が行われた場合は相続税を支払う必要があります。

被相続人が所有している財産は、相続人に相続されると必ず相続税が発生するわけではなく、相続税が控除されたり、一定金額以下の財産の相続では相続税を支払う必要がありません。相続税は、基本的に取得金額を計算します。

取得金額は、課税遺産額×法定相続分となり、この取得金額に相続税の速算表から算出される、仮定の相続税額を求めます。取得金額が1000万円以下の場合、税率は10%で控除は認められません。3000万円以下から控除が認められれますが、税率も上がっていきます。

相続税の算出は、相続した財産の評価額も求めなくてはなりません。財産の評価額は、現金化されていれば、簡単に計算する事が出来ます。しかし、土地や建物の値段は、時価になるので、素人が判断するのは難しいのです。

この為、遺産相続の際には、弁護士、司法書士、税理士といった専門家に相談しなくては、ならない場合もあります。相続は、相続人の権利を持っていると、特に手続きもなく相続が行われてしまいます。

相続税が発生している事に気付かないと、申告漏れとして加税される事もあります。ただし、相続財産が、基礎控除以下の場合は、相続税は発生しないので申告を行う必要はありません。

スポンサードリンク

相続税の基礎知識

相続税の申告

相続税の疑問

相続の流れ

課税対象になる遺産

非課税対象になる遺産

Copyright (C) 相続税計算.com All Rights Reserved