相続税計算.com

相続税の基礎知識

贈与税とは

贈与税とは、遺産相続の場合だけでなく、個人から不動産や現金等の財産を贈与された際にその贈与分に合わせて課せられる税金の事です。贈与税は基礎控除があり、1年間で110万円以下の贈与であれば、贈与税は発生しない事になっています。

贈与税は、遺産相続以外に、子供に車を買い与えたり家を買った際に、発生する相続税よりも身近な税金です。

贈与税を期限内に支払わない場合、増税される事もあります。もし、相続財産を生前に贈与した場合、相続税は掛からなくなり、これを許してしまうと相続税の存在意味がなくなってしまうので、相続税と贈与税を納める事になりました。そのため、贈与税は相続税よりも税率が高く、負担額が大きい事が、相続税とは異なります。

もしも、法人から財産を贈与された場合、贈与税が発生するのではなく、一時所得となって、所得税の対象として処理されます。

贈与税の申告は、住所の所轄税務署に申告と納税を行います。贈与税の対象となる財産は、貯金や現金などの金銭、不動産の一部である土地や建物、また宝石などの高価な財産、まや、貸付金、営業権などの経済的価値のあるものや、みなし贈与財産も、贈与税の対象となる事があります。

贈与税の対象となる物は、著しく低い価格で財産を譲り受けた場合も対象に在ります。また、借金を免除してもらった場合には、贈与があったとみなされて贈与税が発生します。の残額を差し引いた残りが贈与税の対象となります。

スポンサードリンク

相続税の基礎知識

相続税の申告

相続税の疑問

相続の流れ

課税対象になる遺産

非課税対象になる遺産

Copyright (C) 相続税計算.com All Rights Reserved