相続税計算.com

相続税の流れ

相続人

相続人は、故人の財産を相続する権利のある人です。親族であれば、誰でも相続権を持っている訳ではなく、推定相続の全員が相続人になる訳ではありません。遺産を相続する事が出来るのは、配偶者と血族だけです。

相続人の優先順位は、常に配偶者は相続人になり、最優先されます。配偶者以下の順位は、直系血族と傍系血族に分けて、実際に血が繋がっている直系尊属、間接的に血の繋がっている直系卑属に分ける事が出来ます。

配偶者の次に優先順位の高い身分は、直接血の繋がった子どもになり、次に直接血の繋がった両親になります。第三順位は兄弟姉妹になりますが、このように直接血の繋がった親族がいない場合、法的に血縁関係があるとされる傍系血族に相続券が発生します。

配偶者は常に優先されますが、法的に夫婦となっていない場合や、離婚している場合は、相続人になる権利はありません。また、非嫡出子の場合、相続権はあっても相続分は嫡出子の半分になります。

また、胎児にも相続権があり死亡時に妊娠している場合は、遺言状で認知することで、嫡出子として相続権を得ることができます。血のつながりがなくても、法的な手続きを踏んだ養子縁組を行っている場合は、養子も相続人になります。

養子になると育ての親と、生みの親という、二組の両親の相続人となります。しかし、法的な手続を行って養子にしていないと、相続人になる事が出来ないので注意が必要です。

スポンサードリンク

相続税の基礎知識

相続税の申告

相続税の疑問

相続の流れ

課税対象になる遺産

非課税対象になる遺産

Copyright (C) 相続税計算.com All Rights Reserved