相続税計算.com

相続税の流れ

遺産分割協議

遺産分割協議は、遺言書が残されていなかった場合に、遺産の分割方法を決め、遺産分割協議書の作成を行う為に開かれます。基本的に遺言状がある場合には、遺産の分割は遺言状の内容通りに行われます。

この為、遺産分割協議で新たに、遺産の分割方法を決める必要がなくなります。ただ、遺言がない場合には、相続人同士で遺産の分割を遺産分割協議で行う必要があります。遺言状が見つからず、話し合いで遺産の分割を行っても、遺言状が後から見つかった場合には、遺産分割協議をやり直す必要があります。

この為、遺産分割協議をはじまえる前に、遺言状の有無はきちんと確認しておかなくてはなりません。遺産分割協議は、必ず相続権を持つ全員で行う必要があります。相続人が一人でもいない場合は、その遺産分割協議で決定した事は無効になってしまします。

ただ、相続人の中に遠方に住んでいて都合がつかず、遺産分割協議に参加出来ない人がいる場合は、遺産分割協議書に捺印することで電話や郵送で確認が行えます。また、遺言執行者が指定されている場合は、遺言執行者が遺言状に従って遺言内容を執行します。

遺言執行人がいる場合、相続人は必ず従う必要があり、遺産分割協議書も遺言執行者ひとりで確定することができます。遺産分割協議は、遺言書がなかったり、遺言執行人がきまっていない場合、全員一致で結果に納得しなくてはならず、何度話合いを行っても決定出来ない場合は、家庭裁判所に依頼する必要もあります。

スポンサードリンク

相続税の基礎知識

相続税の申告

相続税の疑問

相続の流れ

課税対象になる遺産

非課税対象になる遺産

Copyright (C) 相続税計算.com All Rights Reserved