相続税計算.com

相続税の流れ

遺言状とは

遺言状は、遺言者が亡くなった際に効力を発揮します。遺言書があると、財産の分割方法などを指定する事が出来ます。遺言状は、満15歳以上で判断能力がある人は誰でも作成することができます。

遺言状は、自分の財産を自分の意志で振り分ける事ができ、残された家族が困ったり、無駄な争いを起こさないようにしておくものです。遺産の分割で遺言者の意思を尊重し、自分が死亡した後の財産や権利を自由に決めることができます。

また、自分の財産や権を、法定相続人以外の有効に活用してくれる人に譲る事も可能です。遺言状を残していないと、遺族が財産の分割方法について争う事も少なくありません。

遺言状で、遺産の分割方法を指定すれば、遺族は遺言状に従い無駄に争いを起こす必要がなくなります。相続に関するトラブルは、親族が離散してしまう危険もあり、親族同士だからこそ状況が悪化しやすいのです。遺言状は遺族にしてやれる、最後の思いやりで、特に、子供のいない場合は直系の親族以外も相続権を持っている可能性があります。

どうせなら、あまり会った事もない様な親せきよりは、身近な人に少しでも多くの財産を相続させたいものです。このように考える場合も、遺言状があれば指定した通りに遺産が分割されるので問題ありません。

遺言状が書かれていないと、遺産分割協議が開かれて遺産の分割が行われ、相続権のある人全てに招集を行い、分割方法を話あう必要があります。このような面倒も、遺言書で分割方法と遺言執行人を指定していればなくなり、簡単に遺産の分与が行えます。

スポンサードリンク

相続税の基礎知識

相続税の申告

相続税の疑問

相続の流れ

課税対象になる遺産

非課税対象になる遺産

Copyright (C) 相続税計算.com All Rights Reserved