相続税計算.com

相続税の流れ

遺言書がない場合の相続(協議分割)

相続を行う場合に最も優先して行うのは、遺言書があるかどうかを確認することです。遺言書がある場合とない場合は、相続手続きが異なり、後から発見された場合はまた相続の協議を行わなければなりません。

また、遺言所が公正証書遺言を作成されていた場合は、自宅を探さなくても、日本公証人連合会に問い合わせてみると、簡単に遺言症の有無を確認できます。遺言書が見つかった場合、すぐに開封しないようにしましょう。遺言書がみつかった場合、家庭裁判所で検認してもらう必要があります。

検認の手続きをおこなう事は、相続人に遺言書の存在を知らせるとともに、遺言書の偽造を防止する効果があります。実際に検認を行う事は、強制ではありませんが、検認行わないと、5万円以下の過料や相続登記や預金通帳を相続手続きがする事が出来なくなります。

ただ、見つかった遺言書が公正証書遺言の場合は、公正員に作成段階で確認して在るので検認の手続きを行う必要はありません。遺言者が見つかり検認も済んだら、遺言書に従って遺産の分割を行います。

しかし、遺言が残されていなかった場合に、相続人の間で遺産分割協議行い、遺産の配分をする必要があります。分割内容は法定相続の割合に従っても、相続人同士の話合いで決めてもいい事になっています。ただし、遺産分活協議証書に必ず相続人全員の同意と印が必要です。遺産分割協議には、相続人が前ん参加する必要があります。

スポンサードリンク

相続税の基礎知識

相続税の申告

相続税の疑問

相続の流れ

課税対象になる遺産

非課税対象になる遺産

Copyright (C) 相続税計算.com All Rights Reserved