相続税計算.com

相続税の申告

相続税の納税方法

相続税には、3つの納税方法と納税期限があります。相続税の納税期限は、申告期限と同じで、相続開始を知った翌日から10カ月以内とされています。

納税は税務署以外に、金融機関や郵便局の窓口でも行え、期限内に納税されない場合には、利息として延滞税が課税されます。相続税は、現金によって納税期限内に一度に納める事が原則となっています。

しかし、相続税を支払うための相続財産には、不動産や株式等の現金化するのに時間がかかるもの財産もあり、期限内に現金で納税するのが困難になる場合もあります。そこで、相続税の納税方法には、延納と物納制度が許可されています。

延納は、期限内で現金による相続税の一括払いが不可能な場合、分割して年賦で相続税を支払う納税方法です。物納は、お金ではなく物によって相続税を支払うことです。延納や物納を行いたい場合は、相続税の申告期限までに手続きを行う必要があります。

物納が認められ条件は、延納を行っても金銭で納付することが困難で、その納付金額が限度であり、申請財産が定められた種類の財産であること。 また、物納申請書と物納手続関係書類を、相続税の申告期限までに提出しなくてはなりません。

ただし、物納された後に物納品が売却が不可能であったり、維持費が必要であったり、管理が複雑などの理由で物納に不適格な財産は、物納する事が出来ません。

物納や延納は、基本的に他に物納できる財産がない場合や、現金を用意できない等の事情がある場合のみ、認められている納税方法です。

スポンサードリンク

相続税の基礎知識

相続税の申告

相続税の疑問

相続の流れ

課税対象になる遺産

非課税対象になる遺産

Copyright (C) 相続税計算.com All Rights Reserved