相続税計算.com

相続税の申告

相続税の税率

相続税は、実は関係ない人がほとんどで、相続税を支払う人は死亡者の全体の5%程度しかいません。これは、相続税の基礎控除といった控除があり、相続税がかかるには、この基礎控除以上の遺産がある必要があります。

相続税の基礎控除は、5,000万円+法定相続人の人数×1,000万円分は、非課税となるので。例えば、夫が亡くなって、妻と子供2人が相続人の場合、5,000万円+1,000万円×3人の合計8,000万円までの財産は、相続税がかからない非課税分になります。

相続税がかかるのは、遺産の総額から非課税分を引いた物です。相続税の計算方法は、3段階あります。まず第1段は、相続財産の総額を計算する事です。相続財産の総額は、簡単に数えられる現金だけでなく、土地や株式、生命保険金等の全ての財産を集計する必要があります。

この算出した総額から葬儀費用や借入金等の費用を控除しなくてはなりません。 この遺産総額が、相続税の基礎控除額を下回っている場合、相続税は0円なので、申告する必要はありません。

遺産総額が基礎控除を超えた場合、第2段階として、相続税に対する総額を求めます。相続税の総額は、法定相続人が、法定相続分通りに算出した相続税を、合計して算出します。相続税の総額は、遺産分割の方法によって変動し、一度法定相続分通りに相続したとして相続税の総額を計算する為に算出します。

第3段階では、相続税の総額を、各相続人が負担します。正確な相続税を計算するには、土地等の専門的な財産の評価も行う必要があるので、税理士等に相談しながら行うといいでしょう。

スポンサードリンク

相続税の基礎知識

相続税の申告

相続税の疑問

相続の流れ

課税対象になる遺産

非課税対象になる遺産

Copyright (C) 相続税計算.com All Rights Reserved