相続税計算.com

相続税の申告

相続税の申告期限

相続が発生すると、人が亡くなったということになるので、まず通夜や葬儀を行いまうす。これらが終わると、具体的な法律上の手続きや判断を、速やかに行う必要があります。

相続税には、民法や相続税法で定められた条件を、その中で期限内に定められた手続を行う必要があります。しかも、期限内に手続きが行えない場合は、罰則がある場合もあります。

相続には、いくつか期限内にやらなくてはならない手続があり、相続放棄や限定承認といった手続は、3カ月以に行う必要があります。相続放棄は、相続人が遺言者の財産と債務を一切の財産を受け入れないことをいい、借金等の財産である場合、相続放棄をすることで負担せずに済みます。

これは、裁判所に3ヶ月以内に行う必要があり、行っていないと、借金を支払う必要が出てきます。

また、不動産所得や事業所得といった所得税の確定申告は、個人が死亡した場合には、通常の確定申告とは異なり、その年の1月1日から死亡の日までの期間の所得を4ヶ月以内に行う必要があります。この申告では、相続人全員が納税者となって増税を行う必要です。

また、相続税の申告と納付は、10カ月以内に行う必要があります。遺産に対して相続税がかかる場合、10ヶ月以内に相続人全員が相続税の申告と納税を行わないと、支払い方法の変更ができなくなったりします。相続税は相続人の1人1人が、取得した財産に対して相続税が発生するので、遺産分割協議を10カ月以内に終わらせておくことが必要になります。

スポンサードリンク

相続税の基礎知識

相続税の申告

相続税の疑問

相続の流れ

課税対象になる遺産

非課税対象になる遺産

Copyright (C) 相続税計算.com All Rights Reserved