相続税計算.com

相続税の申告

相続税の申告を行う人

死亡した場合に遺産に相続税がかかる人は、全死亡者の中で5%と言われています。日本では年間100万人近くの人が亡くなっていますが、相続税は5万人ほどしか支払っていないと言われています。

また、相続税の最高税率は70%ですが、70%の税率を支払える人は、ほんの数万程度と言われています。 遺産の総額が基礎控除額を超えなければ、相続税の申告は必要ありません。配偶者控除は1億6000万まで認められているので、それを越す税率の相続税はめったになりません。

相続税申告は、税理士などの専門家に依頼するのが一般的ですが、自分で行うこともできます。ただ相続の申告は、財産評価や申告書の作成等に高度の専門性が必要になる為、所得税の確定申告書と同じ感覚で、税理士でなしで行うと、申告漏れや間違いがあった場合に大変面倒です。

しかも、評価が難しいと言われる土地や家屋などの不動産は、素人が評価できるものではなく、株式等の財産がある人も自分だけで評価する事は難しいとされています。また、申告が期限内に出来ない場合は、罰則の行われる場合もあるので注意が必要です。

申告書を提出する人が2人以上いる場合、相続税の申告書を連署で作成して、提出することも出来ます。相続税の評価や計算は、素人には馴染みがなく、特例を利用できる要件なども、知らなければ適用されないので、専門家である税理士に相談し、代理で申告してもらうのが一番楽です。

スポンサードリンク

相続税の基礎知識

相続税の申告

相続税の疑問

相続の流れ

課税対象になる遺産

非課税対象になる遺産

Copyright (C) 相続税計算.com All Rights Reserved